新潟の学校.com保育園・幼稚園とは保育園・幼稚園の選び方

保育園・幼稚園の選び方

よい保育施設の選び方 十か条

1.まずは情報収集を

 市町村の保育担当課で、保育園の情報の収集や相談をしましょう。

2.事前に見学を

 決める前に必ず保育園・幼稚園の施設を見学しましょう

3.見た目だけで決めないで

 保育園・幼稚園のキャッチフレーズ、建物の外観や壁紙がきれい、保育料が安いなど、保育園・幼稚園の見た目だけで決めるのはやめましょう。

4.部屋の中まで入って見て

 保育園・幼稚園の見学のときは、必ず、子どもたちがいる保育室の中まで入らせてもらいましょう。

5.子どもたちの様子を見て

 保育園・幼稚園の子どもたちの表情がいきいきとしているか、見てみましょう。

6.保育する人の様子を見て

  • 保育する人の数が十分か、聞いてみましょう。
  • 保育士の資格を持つ人がいるか、聞いてみましょう
  • 保育する人が笑顔で子どもたちに接しているか、見てみましょう。
  • 保育する人の中には経験が豊かな人もいるか、見てみましょう。

    7.施設の様子を見て

  • 保育園・幼稚園に赤ちゃんが静かに眠れる場所があるか、また、子どもが動き回れる十分な広さがあるか、見てみましょう。
  • 遊び道具がそろっているかを見て、また、外遊びをしているか聞いてみましょう。
  • 陽あたりや風とおしがよいか、また、清潔か、見てみましょう。
  • 災害のときのため避難口や避難階段があるか、見てみましょう。

    8.保育の方針を聞いて

  • 園長や保育する人から、保育の考え方や内容について、聞いてみましょう。
  • どんな給食が出されているか、聞いてみましょう。
  • 連絡帳などでの家庭との連絡や参観の機会などがあるか、聞いてみましょう。

    9.預けはじめてからもチェックを

     保育園・幼稚園に預けはじめてからも、折りにふれて、保育のしかたや子どもの様子を見てみましょう。

    10.不満や疑問は率直に

     保育園・幼稚園への不満や疑問があったら、すぐ相談してみましょう。誠実に対応してくれるでしょうか。

    保育園

    保育所に入所できる年齢

     0歳児から就学前までの子どもです。0歳児は保育所により受け入れ体制(月齢)が異なります。

    申し込み時期

     年度の途中でも申し込めます。職場復帰前に入所予約を受け付ける市町村もあるので、早めに相談してください。4月からの入所を希望される場合は、その前年の11〜12月頃に市町村の広報誌等に掲載する募集案内をご覧ください。

    保育料

     保護者の所得状況により決定します。

    保育料軽減

     兄弟姉妹で利用(同時在園)する場合は、2人目、3人目の保育料が安くなります。また、第3子以降の保育料は、保護者負担が通常の3分の1に軽減されます。また、所得が一定額以下の母子家庭等の場合は、減免制度があります。

    保育時間

     午前8時頃から夕方6時頃までが一般的ですが、保護者の要望に応じて延長保育を実施している保育園があります。

    延長保育

     通常の保育時間の前後の時間に、保育時間を延長しています。利用する場合は保育園に事前に申請します。

    障害児保育

     集団保育が可能な程度の障害のある子どもであれば、受け入れています。各市町村、保育所に相談してください。

    広域入所

     居住地以外の市町村からの入所を受け入れている保育園もあります。

    申し込み先

     各市町村の児童福祉担当課等保育所担当課にお問合せください。また、入所を希望する保育園に直接申し込むこともできます。

    幼稚園

     幼稚園は、満3歳以上の幼児に対して就学前教育を行うことを目的とする学校です。幼児が遊びの中で主体性を発揮し生きる力を培い、家庭では体験できない新たな環境と出会うことを通して、幼児の自立に向けた基礎を育成することを目的にしています。

    入園は何歳から

     3歳児から就学前までの幼児が対象ですが、市町村によって違います。なお、満3才の誕生日を迎えた時点で、4月を待たずに入園できる幼稚園もあります。

    入園の手続き

     公立幼稚園については、現在お住まいの各市町村の教育委員会または各幼稚園に問い合わせください。入園時期は4月ですが、年度の途中でも入園することができます。

    幼稚園を気軽にのぞいてみよう

     多くの幼稚園では、入園前の子どもとその保護者に園庭、保育室を開放しています。そこでは、子どもがおもちゃで遊んだり、紙芝居を見たり、親子でリズム遊びをしたりして、子どもたちには安心して遊べる場、保護者同士には交流の場となっています。

     また、育児相談などを実施している幼稚園もあります。

    保育時間

     幼稚園の1日の保育時間は、4時間を基準としています。ただし、幼稚園の教育方針などによって保育時間が異なる場合があります。

     幼稚園はお昼過ぎぐらいに終了しますが、引き続き子どもを預かって欲しいという要望や地域での遊び場の状況などを考慮して教育課程外の教育(いわゆる「預かり保育」)をほとんどの幼稚園が行っています。

    保育料

     幼稚園の保育料は各市町村や幼稚園によって異なります。また、その他に入園料、給食費、教材費、維持費、通園バス費(利用者のみ)などが別に諸費として集金されます。

     なお、保護者の経済的負担を軽くするために、世帯の所得状況に応じて保育料を減免する幼稚園就園奨励制度があります。また、私立幼稚園では、第3子以降の園児や2人以上、同時に在籍する第2子以降の園児の保育料を軽減している幼稚園もあります。



  • Copyright(c) 2006,LRI学校.com.. All Rights Reserved